烏賊釣

いかつり
三夏
烏賊釣火/烏賊釣船/烏賊火

初夏は、やりいかの漁期である。烏賊は灯に集まる習性があるため、夜、船に灯をともして漁をする。夏の夜、沖に、烏賊釣船の漁火が連なる景は美しい。

天に海に烏賊船の火のともりそめ
原石鼎 「原石鼎全句集」

ひとときは烏賊釣の火のうるみもし
原石鼎 「原石鼎全句集」

コメントは受け付けていません。