月見草

つきみそう/つきみさう
晩夏

アカバナ科の二年草、原産地はメキシコ。初夏になると、白い四弁の大きな花を夕刻に開き翌朝にはしぼんで赤黄色となる。

月見草別れてのちの山霧は
臼田亜浪 「定本亜浪句集」

月見草咲く砂明り聖徒にや
河東碧梧桐 「碧梧桐句集」

北斗露のごとし咲きすむ月見草
渡辺水巴 「水巴句集」

コメントは受け付けていません。