雪見

ゆきみ
晩冬
雪見の宴/雪見船/雪見酒/雪見行/雪見笠/雪の友/雪の人

雪景色を愛でつつ、料亭、舟上などで酒宴などを催すこと。花見、月見と同じように風流を楽しむ。

いざさらば雪見にころぶ所まで
芭蕉 「花摘」

花はしろく鼻はあからむ雪見かな
季吟 「山の井」

笠ぬぐや出あひがしらの雪の友
宗因 「宗因発句集」

雪見とて出づるや武士の馬に鞍
太祇 「太祇句選後扁」

思はずの雪見や日枝の前後
丈草 「続猿蓑」

ころぶ人を笑うてころぶ雪見かな
千代女 「松の声」

いざ雪見容す蓑と笠
蕪村 「五車反古」

鍋提げて淀の小橋を雪の人
蕪村 「新花摘」

コメントは受け付けていません。