紙衾

かみぶすま
三冬
天徳寺

紙を外被とした蒲団大の袋の中へ、打った藁を入れて蒲団とした。一種の藁蒲団。江戸時代の貧しい人達の寝具。傍題の天徳寺は、天徳寺の門前で売られていた事からの別名。

紙ぶすま折目正しくあはれ也
蕪村 「蕪村句集」

ごつごつと咳する人や紙衾
蘭更 「半化坊発句集」

月うつる顔かくしけり紙ぶすま
蘭更 「題葉集」

いついつは鹿が餌食ぞ紙衾
一茶 「七番日記」

身ひとつのさうざうしさよ紙衾
蓼太 「七柏集」

ひとりねや畳むもかろき紙衾
蝶夢 「草根発句集」

コメントは受け付けていません。