冬枯

ふゆがれ
三冬
枯る/冬枯道

冬の草木が枯れ果てた荒涼とした景を言う。草や樹、一木一草の枯れのこともいうが、野山一面枯れ色となった景のことでもある。

冬枯や雀のあるく樋の中
太祇 「太祇句選」

冬枯れや寺門幽かに人を呼ぶ
暁台 「暮雨巷句集」

冬枯の木の間のぞかん売屋敷
去来 「いつを昔」

冬枯れて窓はあかるき雨夜かな
一茶 「寛政句帖」

冬枯れにめらめら消ゆるわら火かな
一茶 「文化句帳」

かれがれや葛の下なる木の葉石
蘭更 「三傑集」

冬枯や平等院の庭の面
鬼貫 「大悟物狂」

草山の綺麗に枯れてしまひけり
正岡子規 「子規句集」

冬枯や泥によごれし馬が来る
佐藤紅緑 「花紅柳緑」

枯れ果てて誰か火を焚く子の墓域
飯田龍太 「童眸」

枯れはてて濯ぐうしろは山ばかり
飯田龍太 「春の道」

コメントは受け付けていません。