年木樵

としきこり

節木樵/年木積む/年木売/年木山

年内に、新しい年に使う薪を伐りだして来ること。伐り出した薪を年木といい、その山を年木山という。伐った木を里へ舟で運ぶこともあって、その舟は年木舟。薪は家裏などに積んで新年を迎えた。年用意のひとつである。

年木樵る山のいそがし啄木
言水 「歳旦三物集」

谷越に声かけ合ふや年木樵
太祇 「太祇句選」

けふもけふも人のとし木を負ひに
召波 「春泥発句集」

薄着して霜もいとはず年木樵
桃隣 「古太白堂句選」

おとろへや小枝も捨てぬとし木樵
蕪村 「蕪村句集」

年木樵る程になりたる我家かな
長谷川零余子 「雑草」

年木樵木の香に染みて飯食へり
前田普羅 「普羅句集」

梟の目じろぎいでぬ年木樵
芝不器男 「不器男句集」

コメントは受け付けていません。