里神楽

さとかぐら
仲冬
宮神楽/湯立神楽/霜月神楽/山伏神楽/冬祭

宮廷以外の諸社で行われる神楽を里神楽という。収穫祭から年末にかけて演じられることが多い。笛や太鼓のお囃子に面をかぶり、主に神代の物語を演ずる。今日の里神楽は田舎びた、鄙びた神楽と言う意味。

誰と誰が縁組すんでさと神楽
其角 「炭俵」

むつかしき拍子も見えず里神楽
曾良 「猿蓑」

里々の新米出来て神楽かな
蓼太 「蓼太句集二編」

里神楽酒一樽のきほひかな
蓼太 「七柏集」

里神楽懐の子も手をたたく
一茶 「七番日記」

翌は又どこの月夜の里神楽
一茶 「発句集」

雪に灯の竹もる影や里神楽
素丸 「素丸発句集」

夜神楽や鼻息白し面ンの内
其角 「猿蓑」

コメントは受け付けていません。