炭売

すみうり
三冬
炭屋/売炭翁

冬のはじめ山住みの人たちが焼いた炭を町に売りに来ること。または、炭を売りに来た人のこと。顔の黒さで炭売とわかると言われた。

炭売や雪の枝折の都道
言水 「板東太郎」

炭売よ手なら顔なら夕まぐれ
太祇 「太祇句選後篇」

炭うりに鏡見せたる女かな
蕪村 「蕪村句集」

炭売は桜に来つる便かな
蕪村 「落日庵句集」

何言もいはず炭売る翁かな
蘭更 「半化坊発句集」

コメントは受け付けていません。