クリスマスローズ

くりすますろーず
仲冬
【解説】
ヨーロッパ原産の鑑賞用の常緑多年草。地下にある茎から葉を突き出す。冬のはじめに花茎を伸ばし直径三~六センチくらいの花を開く。色は紫系が主。イギリスではクリスマス用として温室で作る。
【科学的見解】
クリスマスローズは、キンポウゲ科の常緑多年草である。観賞用として鉢植えで販売されている。耐寒性があるため、庭先などでも栽培できる。野外栽培では、一月から三月頃に開花する。クリスマス時期の年末に開花させるためには、温室内での日長処理が必要になる。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。