竈馬

いとど
三秋
かまどうま/かまどむし/おかま蟋蟀/えんのした蟋蟀/えび蟋蟀/裸蟋蟀おさる蟋蟀/かまご/いいぎり/いとど鳴く

秋の虫の一つ。長く詩歌の世界では、蟋蟀と混同され、鳴くものとされていたが、実際は鳴かない。翅をもたないが、後ろ肢が強く跳躍に優れる。触角は極めて長い。木のうろなど暗所を好む。台所などにしばしば姿を現すこと、また馬のような跳躍をみせることなどから、その名がある。

海士の屋は小海老にまじるいとどかな
芭蕉 「猿蓑」

藁焚けば灰によごるる竈馬かな
丈草 「藤の実」

啼くやいとど塩にほこりのたまるまで
越人 「猿蓑」

磯際の波に鳴き入るいとどかな
惟然 「韻塞」

いとど鳴く地を吹きにけり夜の風
闌更 「半化坊発句集」

夜念仏の口まねをするいとど哉
一茶 「七番日記」

浜納屋の破れ網這ふいとどかな
藤野古白 「古白遺稿」

コメントは受け付けていません。