山葡萄

yamabudouやまぶだう
仲秋
【解説】
ブドウ科の蔓性落葉低木。山野に自生。秋、葡萄に似た黒い球形の実を結ぶ。葡萄酒、ジュース、ジャムなどにして食する。
【科学的見解】
山葡萄(ヤマブドウ)は、北海道・本州・四国の山地に多く生育するつる性樹木である。果実は食用となる他、樹皮はかごやバックなどの編み物としての利用価値がある。近縁のブドウ属植物としては、エビヅルやサンカクヅルが存在する。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。