ぼら
仲秋
目白鯔/おぼこ/名吉/小瀑江鮒/小瀑/江鮒/いな/とど/洲走/口女/腹ぶと

海で孵化した後、淡・鹹(かん)両水域で生息。秋、河口付近などで、跳ね上がるさまが見られるが、この時期のものは臭みがなく、脂がのって美味。「からすみ」は鰡の卵巣を塩漬けにしたもの。成長とともに「おぼこ」「いな」「ぼら」と呼び名を変える出世魚。

土臭き鰡にはあらずけふの月
嵐雪 「玄峰集」

切箔の風にちらばふおぼこ哉
支考 「蓬二吟集」

鰡の飛ぶ夕汐の真平らかな
河東碧梧桐 「碧梧桐句集」

コメントは受け付けていません。