月見

つきみ
仲秋
観月/月祭る/月を待つ/月の宴/月の座/月見酒/月の宿/月の友月見茶屋/月見舟

仲秋の名月をながめ賞すること。薄を活け、三方に団子や季節のものを供える。月見の宴が催され、主人が客をもてなす。酒食のほか詩歌や謡で興趣を添える。また、松島、姨捨、石山寺など月の名所へ多くの人が足を運ぶ。

浮世の月見過しにけり末二年
西鶴 「西鶴置土産」

此の秋は膝に子のない月見かな
鬼貫 「金比羅会」

賤の子や稲すりかけて月を見る
芭蕉 「鹿島詣」

月見せよ玉江の蘆を刈らぬ先
芭蕉 「昼寝の種」

川ぞひの畠をありく月見かな
杉風 「泊船集」

岩鼻やここにもひとり月の客
去来 「笈日記」

舟引きの道かたよけて月見かな
丈草 「続猿蓑」

身の闇の頭巾も通る月見かな
蕪村 「蕪村句集」

石山の石をたたいて月見かな
太祇 「其飛佐古」

コメントは受け付けていません。