占地

しめじ/しめぢ
晩秋
湿地茸/湿地/ほんしめぢ/千本しめぢ/一本しめぢ
【解説】
マツタケ科。灰または淡灰色の茸。秋、雑木林や松林にかたまって生える。美味で、俗に「におい松茸、味しめじ」といわれる。
【科学的見解】
占地の名の付くキノコは、複数種存在するが、味の良いものとしてはホンシメジが挙げられる。ホンシメジは、樹木と共生をする菌類として知られているものの、近年人工栽培が成功し、販売もされている。その他、食用になる種としては、ブナシメジやハタケシメジが有名である。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。