茶立虫

ちゃたてむし
初秋
茶柱虫/隠座頭/小豆洗

体長数ミリほどのごく小さな虫。秋頃みかける。障子などにとまって、茶を点てるような音で紙を掻くことからその名がついた。小豆を洗う音にもたとえられ、「小豆洗」とも。

夜ながさや所もかへず茶立て虫
白雄 「加佐里那止」

有明や虫も寝あきて茶を立てる
一茶 「八番日記」

うたゝ寝のさめて火もなし茶立虫
高田蝶衣 「青垣山」

コメントは受け付けていません。