六道参

ろくどうまいり/ろくだうまゐり
初秋
迎鐘/槙売

盆の行事のひとつ。陰暦七月九日、十日、現在の八月七日から十日まで、京都東山の六道珍皇寺に参詣すること。参詣者たちは、鐘を撞いて精霊を迎え、魂棚を飾る。六道とは、地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上のこと。

打てばひびくものと知りつつむかへ鐘
嵐雪 「杜撰集」

迎鐘ならぬ前から露のちる
一茶 「文化句帖」

コメントは受け付けていません。