夏近し

なつちかし
晩春
夏隣る/夏隣

春もまもなく終わろうという頃、空の色や日差しの強さ、木々の盛んな様子などに夏が近いことを実感する。躍動的な夏が近づいてくることへの期待感。厳しい暑さが到来することへの覚悟。「夏隣」ともいう。

夏近しその口たばへ花の風
芭蕉 「続山井」

清滝に宿かる夏の隣かな
蓼太 「蓼太句集二篇」

夏隣る山に追はるる心かな
卉文 「世美家」

夏近き吊手拭のそぎかな
内藤鳴雪 「鳴雪俳句鈔」

磐石をぬく灯台や夏近し
原石鼎 「花影」

コメントは受け付けていません。