花疲

はなづかれ
晩春
花見疲

花見に出掛けたあとの疲れ。そのころの気候や、人出の多い中を歩き回った疲れもあるが、花の美しさに酔いしれたあとの疲れは大きい。ものうさやけだるさ。単なる疲れではなく艶なるものを秘めた言葉でもある。

寝心も花くたびれの夜頃かな
蓼太 「蓼太句集二篇」

草臥れてねにかへる花のあるじかな
蕪村 「蕪村文集」

土手につく花見づかれの片手かな
久保より江 「ホトトギス雑詠撰集」

コメントは受け付けていません。