鳥曇

とりぐもり
晩春
鳥雲/鳥風

秋、日本に渡ってきた雁や鴨などが、北の繁殖地に帰っていく頃の曇り空。その頃の雲は鳥雲。また、鳥のはばたきが風のように聞こえるので、その頃の風を鳥風という。鳥の群が瞬く間に消えていったあとには、曇り空だけが残る。

桜ちる空や越後の鳥曇り
許六 「鯰橋」

ゆく春に佐渡や越後の鳥曇り
許六 「韻塞」

コメントは受け付けていません。