春惜しむ

はるおしむ/はるをしむ
晩春
惜春/春を惜しむ

過ぎゆく春を惜しむこと。春は秋と並んで過ごしやすく、自然のすがたも美しい。また物事のはじまりの季節であり、人との出会いや別れも多い。
春を惜しむことは、人生において束の間のものである佳き時間や佳き交わりを惜しむ心につながる。

春惜しむ人や榎にかくれけり
蕪村 「落日庵句集」

白髪同士春ををしむもばからしや
一茶 「七番日記」

コメントは受け付けていません。