苧環の花

odamaki
おだまきのはな/をだまきのはな
晩春
おだまき/いとくり/糸繰草

キンポウゲ科の多年草。五月頃、青紫または白の五弁の花をうつむきに咲かせる。この花が、紡いだ麻を巻きつけた苧環に似ていることから名前がついた。葉は枝の先についた三枚の小葉であり、粉白色を帯びている。

コメントは受け付けていません。