雪解雫

ゆきげしずく/ゆきげしづく
仲春
雪雫

春、樹木や家屋に積もっていた雪が解けて、水の滴りとなる。その滴りは春の日差しをあびて、光の粒さながらにきらきら輝く。一年の半分を雪に埋もれて暮らす地方では雪解けのよろこびは大きく、雪解雫は人々の心のきらめきのよう。

山彦もぬれん木の間ぞ雪雫
乙二 「をのゝえ草稿」

一番に雪の雫や酒はやし
呉竺 「新類題発句集」

竜髯に雪解雫の艶かさ
西山泊雲 「ホトトギス雑詠選集」

コメントは受け付けていません。