春蝉

はるぜみ
晩春
春の蝉

季節にさきがけ最も早く鳴き出す蝉。赤松の林に棲息し、四月から六月にかけて鳴く声は松風のよう。夏の季語である松蝉と同じ蝉であるが、鳴き出す時期をとらえて春蝉とよぶ。蜩を小さくした形で、春の柔らかい情感をまとっている。

春蝉や虎杖しやぶる山家の子
栖乙 「懸葵」

春蝉の声引き潮の音もなく
臼田亜浪 「定本亜浪句集」

春蝉のひやひやと鳴くや山の松
河東碧梧桐 「碧梧桐句集」

コメントは受け付けていません。