朝寝

あさね
三春

春は寝心地がよく、たとえ十分な睡眠をとっていても、いつまでもうつらうつらと温かい寝床にくるまっていたいもの。猛浩然の「春眠暁を覚えず」を出典とする。「春眠」から派生した言葉。春の駘蕩とした気分をあらわしている。

花を踏みし草履も見えて朝寝かな
蕪村 「蕪村句集」

虫売りのかごとがましき朝寝哉
蕪村 「落日庵句集」

朝寝髪撫でもつけずに茶摘笠
高田蝶衣 「青垣山」

朝寝して犬に鳴かるる幾たびも
臼田亜浪 「定本亜浪句集」

毎日の朝寝とがむる人もなし
松本たかし 「たかし句集」

コメントは受け付けていません。