三月尽

さんがつじん/さんぐわつじん
晩春
三月終る/三月尽く/弥生尽/四月尽/四月終る/四月尽く/翌なき春

陰暦三月(弥生)が尽きること。陰暦では一月から三月が春であるため、三月は春の最後の月。春が終わるという感慨や、行く春を惜しむ気持ちが込められる。陽暦では三月は春の終わりではないので、惜春の思いはない。

弥生尽ものうしなへるこころかな
嘯山 「葎亭句集」

怠りし返事かく日や弥生尽
几董 「晋明集二稿」

桜日記三月尽と書き納む
正岡子規 「寒山落木」

釣場藻にふたがれてあり弥生尽
寒川鼠骨 (ホトトギス)

彩足らぬ蝶々出でゝ弥生尽
前田普羅 「辛夷」

コメントは受け付けていません。