蘆の若葉

あしのわかば
晩春
蘆若葉/若蘆

蘆の芽が伸びて若葉になったもの。木々の若葉は初夏であるが、成長の早い水辺の蘆や荻などは晩春に若葉となる。あおあおとした蘆の若葉が、水に映りながら風にそよぐ姿は、爽新で美しい。

蘆の若葉こゆる白鷺や浪がしら
重頼 「桜川」

物の名を先とふ芦のわか葉哉
芭蕉 「笈の小文」

若芦に散るか玉蟹のそばへ草
杉風 「京日記」

コメントは受け付けていません。