麦踏

むぎふみ
初春
麦を踏む

麦の芽が伸びすぎるのを押さえて株立ちを促したり、霜で根が浮きあがるのを防いで根張りをよくするため、麦の芽や根を踏むこと。山々に雪が残り、早春の冷たい風が吹く中、青く伸びた麦を丁寧に足で踏みつけていく姿は、のどかでありながらも根気のいる農作業。

麦踏に足の湯とるや三日の月
西山泊雲 「泊雲句集」

コメントは受け付けていません。