虫売

むしうり
三秋
虫屋

江戸時代から大正にかけて、虫を美しい籠に入れて売り歩く商売があり、鈴虫、蟋蟀、松虫、轡虫、蜩などを売っていたという。虫と言えば第一にその声を愛でる我が国ならではの商売。

宵過ぎや虫売り通る町はずれ
桃隣 「古太白堂句選」

虫売りのかごとがましき朝寝かな
蕪村 「蕪村句集」

虫売に漸く更くる博多かな
清原枴童 「枴童句集」

虫売や軽く担うて小刻みに
日野草城 「花氷」

虫売や宵寝のあとの雨あがり
富田木歩 「定本木歩句集」

コメントは受け付けていません。