鳩吹

はとふく
初秋
鳩笛

猟師が狩の時、鹿などの獲物に気付かれないように、手を組み合わせて笛のように吹く合図。鳩の鳴声に似ていて、山鳩を捕らえる際吹いたことに由来する。

法師にもあはず鳩吹く男かな
言水 「新撰都曲」

はげ山や吹き力なき鳩の声
才麿 「椎の葉」

鳩の吹くころ青う吹く松ばかり
千代女 「真蹟」

鳩吹くや藪山口のつぶら家
暁台 「暮雨巷句集」

くれちかく鳩吹いて山にこたふかな
古月 「春秋稿」

鳩吹くやこれからものの枯るる声
素丸 「素丸発句集」

鳩吹くやおのが頬骨吹き細め
素丸 「素丸発句集」

藪陰や鳩吹く人のあらはるる
正岡子規 「子規句集」

鳩吹の森の中道分れ行く
内藤鳴雪 「鳴雪俳句鈔」
hatohuku

コメントは受け付けていません。