灯火親しむ

とうかしたしむ/とうくわしたしむ
三秋
灯火親し/灯火の秋/読書の秋

空調の整った昨今でも、涼しくなった秋の夜は心安らぐものがある。秋の燈火の下は、読書に最も相応しい。

燈火親し郷信われを待つといふ
島田五空 「裘」

コメントは受け付けていません。