草の穂

くさのほ
三秋
穂草/草の絮/草の穂絮

えのころ草、蘆、薄、萱、カヤツリグサ、などが秋に出す穂花のこと。それらが結実して棉状になったものを「草の絮」と呼ぶ。昔は道端などにいくらでもあった。草の穂は子供達の遊びに使われ、親しまれた。

草の穂は雨待宵のきげんかな
一茶 「七番日記」

草の穂の飛びきて熱き顔の前
石田波郷「惜命」

コメントは受け付けていません。