落し水

おとしみず/おとしみづ
仲秋
田水を落す/水落す/堰外す

稲穂が垂れ始めたころ、水口を塞ぎ、田の尻の畦を切り、その成長に不要となった水を落とす。そうして刈入に備え田を干す。落ち行く水音に、しみじみとした秋を覚える。

阿武隈や五十四郡のおとし水
蕪村 「落日庵句集」

村々の寝ごころ更けぬ落し水
蕪村 「蕪村句集」

藪越えて鼬わたれり落し水
亀六 「秋の夜」

水落ちて田面をはしる鼠かな
蝶夢 「草根発句集」

泥亀の流れ出でたり落し水
夏目漱石 「漱石俳句集」

落し水静かにきけば二つとも
西山泊雲 「ホトトギス誌雑詠選集」

水落し来て子の間に寝まるなり
久米三汀 「返り花」

田から田の段々水を落しけり
室生犀星 「魚眠洞発句集」

稲妻に水落しゐる男かな
村上鬼城 「定本鬼城句集」

コメントは受け付けていません。