椎の実

しいのみ/しひのみ
晩秋
落椎/椎拾ふ

ブナ科シイ属とマテバシイ属に属する樹木を椎といい、それらの実のこと。形は小粒の球形とやや大振りな細長の二種。炒ると香ばしく甘い。生食も可。古く縄文の頃より親しまれてきた。

丸盆の椎にむかしの音聞かむ
蕪村 「蕪村句集」

椎の実の落ちて音せよ檜笠
几董 「井華集」

椎の実の板屋をはしる夜寒かな
暁台 「暁台句集」

牛の子よ椎の実蹄にはさまらん
白雄 「白雄句集」

椎の実を拾ひに来るや隣りの子
正岡子規 「子規句集」

わけ入りて独りがたのし椎拾ふ
杉田久女 「杉田久女句集」

コメントは受け付けていません。