秋の蚊

あきのか
三秋
別れ蚊/残る蚊/後れ蚊/蚊の名残

秋もすすみ、気温も下がってくると、蚊の動きも幾分鈍り、気のせいか羽音さえも弱々しく感ずる。刺されるのには閉口するが、何となく哀れさも覚える。

残る蚊や敲きはづして待つ心
許六 「五老文集」

秋の蚊のよろよろと来て人を刺す
正岡子規 「子規句集」

秋の蚊の鳴かずなりたる書斎かな
夏目漱石 「漱石全集」

秋の蚊のほのかに見えてなきにけり
日野草城 「花氷」

コメントは受け付けていません。