秋の霜

あきのしも
晩秋
秋霜/秋の初霜

霜は冬に降りるものであるが、所によっては早くも十月下旬頃に初霜が見られる。立冬前に降りた秋の霜は、草木や畑の作物などを傷めたりすることがある。

手にとらば消えん涙ぞ熱き秋の霜
芭蕉 「野ざらし紀行」

老眼にもるる小貝や秋の霜
丈草 「翁草」

百年の柱の木めや秋の霜
野坡 「田植諷」

秋の霜うちひらめなる石のうへ
蕪村 「蕪村遺稿」

くずの草おさへつけたり秋の霜
暁台 「暁台句集」

コメントは受け付けていません。