稲積む

いねつむ
新年
寝積む/稲挙ぐ/いね起す

「寝る」を言い換えた、正月の忌み詞(ことば)。「寝る」には病気で寝込む意味もあるため、古語の「寝ね(いね)」と目出度い「稲」をかけた。「積む」も、喜びが積み重なるに通じる目出度い言葉。

稲積むや恵方の方へ枕せん
朝竹 「類題発句集」

神々に燈を捧げけりいね積まむ
蝶衣 「懸葵第一句集」

寝積や或は聞ゆる凧の音
北涯 「俳人北涯」

一はなに猫がいねつむ座敷かな
一茶 「九番日記」

いねつむやいまだに除夜の夢心
月窓 「千題集」

よき雨や枕もあげず稲積まむ
風羅 「新類題発句集」
いねつむや通ふ呼吸も柳より
元夢 「千題集」

稲積や大風の鳴る枕上ミ
村上鬼城 「定本鬼城句集」

稲積や枕屏風の六歌仙
村上鬼城 「鬼城句集」

コメントは受け付けていません。