松過

まつすぎ
新年
松明/注連明

松の内が過ぎての数日間のこと。松が明ける日は、だいたい関東は七日、関西は十五日。正月飾りが外されて普通の生活に戻るが、すぐには正月気分が抜けずに、浮ついた気分で過ごしている頃。

松すぎて町のひろがる月よかな
掬明 「寂砂子集」

松過や小ひらめなどのとれて来る
道彦 「蔦本集」

松過ぎを掘りかへしけり瓦斯工事
巖谷小波 「さざら波」

畑道まがる日和や松過ぎぬ
渡辺水巴 「水巴句集」

松過ぎし大雪の家並昼灯す
筏井竹の門 「竹の門句抄」

コメントは受け付けていません。