読初

よみぞめ
新年
草子の読初/読書始/初草子

新年、初めて読書をすること。昔は儒家の、経書の読始めをいった。女子は「草子の読初」といい『文正草子』を読んだという。新年、改まった気分で選ぶ本は、その年の読書の成果を司るような気がして、いつもと違う気分で本棚を眺めたりする。

孝経やあけて七つの読みはじめ
隅川 「新類題発句集」

読初の一章大御心かも
石井露月 「露月句集」

コメントは受け付けていません。