年男

としおとこ/としをとこ
新年
年女/若男/節男/役男/万力男/祝太郎

正月の年神様を迎えるための準備から、お祭りまでを行う男子。一家に一人、主に主人や長男があたる。煤払い、門松・年木の用意、年棚祭り、注連縄張り、若水汲み、雑煮炊きなどの役割を担う。

羽織着よ鞍馬法師も年男
言水 「能登釜」

真白にかしらの花や年男
許六 「続有磯海」

かしこまる腰の高さよ年男
扇甫 「新類題発句集」

年男我が候ふや竈の火
石井露月 「露月句集」

かい抱く大三宝や年男
松本たかし 「松本たかし句集」
tosiotoko

コメントは受け付けていません。