新茶(しんちゃ) 初夏

【子季語】
走り茶、古茶、陳茶、茶詰
【解説】
お茶は年四回摘み取られるが、その年の最初に摘み取られるお茶を新茶という。一番茶であり、走り茶とも言う。四月の終わりから五月中頃までである。香りはよく、おいしいお茶である。静岡茶や宇治茶が有名。
 
*

宇治に似て山なつかしき新茶かな 
支考 「梟日記」

霊前に新茶そゆるや一つまみ
浪化 「喪の名残」

猟人の念仏を聞く新茶かな
麦水 「葛箒」

馬?げ新茶かほらす萱が軒
蝶夢 「草根発句集」

新茶の香真昼の眠気転じたり
一茶 「寛政句帖」

新茶汲むや終りの雫汲みわけて 
杉田久女 「杉田久女句集」

この国に新茶を贈るよき習ひ
長谷川櫂 「新年」

コメントは受け付けていません。