大服

おおぶく/おほぶく
新年
大福/御福茶/福茶/大福茶

元旦、若水を沸かして淹れた茶に、結び昆布、梅干し、山椒などを入れ、たっぷりと飲むお茶のこと。早朝、雑煮に先駆けていただくと、昨年の邪気が一掃される思いがする。平安時代の僧、空也上人の故事に由来する。

大服は去年の青葉の匂かな
防川 「類題発句集」

作る土もわが大服の茶碗かな
信徳 「捨子集」

大ぶくやかへり三嶋の古茶碗
不二 「題葉集」

大ぶくや淡路も見さい茶臼山
鬼貫 「七車」

コメントは受け付けていません。