七日

なぬか
新年

一月七日のこと。この日までを松の内といい、七種の行事が行われる日である。この日まで休みの学校が多く、翌日からの新学期を控え、正月の本格的な終わりを感じる日である。

母のある正月七日の寒さ哉
乙二 「をのゝえ草稿」

粥木も口芳しき七日哉
未琢 「伊達衣」

隠れ碁の宿なる寺の七日哉
石老 「閑古鳥」

六日八日中に七日のなづなかな
鬼貫 「大悟物狂」

すゞろいでて松笠ひろふ七日かな
渡辺水巴  「水巴句集」

コメントは受け付けていません。