七福神詣

しちふくじんまいり/しちふくじんまゐり
新年
七福詣/福神詣/福詣/一福

元旦から七日、あるいは十五日の間に、恵比寿、大黒天、毘沙門天、福禄寿、弁財天、布袋、寿老人の七福神を祀る神社を巡拝して、一年の開運を祈る。正月の町々を巡る、楽しい行事である。

橋々もたのむ七福詣でかな
上川井梨葉 「梨葉句集」

小商人誘ひ合せて七福神
武富瓦全 「年間俳句集」

松過ぎの福神巡りしたりけり
青木月斗 「時雨」

受けて来し七福神や置き並べ
松本たかし 「松本たかし句集」

コメントは受け付けていません。