御用始

ごようはじめ
新年
一月四日、正月の休暇が明けて、官公庁で仕事を始めること。民間の会社が、仕事を始める日にもいう。新年の挨拶をしたり、式典があるなど、仕事場にいながら正月気分の一日となる。

向合うて墨すりかはせ用始
村上鬼城 「鬼城句集」

用始禿筆を噛む小吏かな
村上鬼城 「鬼城句集」

コメントは受け付けていません。