初硯

はつすずり
新年

新年に初めて硯を使うこと。硯を洗い、墨をすりおろし、筆を染める。心の静かさを保ち、一字に新春のよろこびをあらわす。

百ばかり年といふ字を初硯
園女 「柏崎」

凍解けや硯の水もつかふほど
蝶夢 「草根発句集」

一字づつ氷を出たり初硯
吐月 「発句類聚」

コメントは受け付けていません。