初芝居

はつしばい/はつしばゐ
新年
春芝居/二の替

正月の芝居興行を初芝居という。歌舞伎では十一月の顔見世興行を一年のはじめとし、京阪での興行は二の替とも呼ばれる。

編笠は花にぬぐべし初芝居
言水 「金剛砂」

花やみん去年の枝折のはつ芝居
才磨 「江戸弁慶」

金平も酔ひを吹かれて初芝居
成美 「発句題叢」

初芝居見て来て曠著いまだ脱がず
正岡子規 「子規句集」

コメントは受け付けていません。