仏正月

ほとけしょうがつ/ほとけしやうぐわつ
新年
仏の口明/念仏の口明/仏の日/仏の年越/先祖正月/先祖正月/寺年始

正月になってからはじめて、仏を祭る日をいう。一月十六日に行うところが多い。当日は祖霊を祭るため、墓参をする。盆と同じように、新年にも仏を忘れないようにということである。

コメントは受け付けていません。