実朝忌

さねともき
晩冬

陰暦一月二十七日源実朝の忌日。実朝は源頼朝の第二子。十二歳で将軍となったが、後、鶴岡八幡宮で公暁に暗殺される。歌集「金槐和歌集」がのこされている。

我が椿いたむる雪や実朝忌
松本たかし 「たかし句集」

実朝忌春動かむとしてためらふ
松本たかし 「石魂」

コメントは受け付けていません。