成木責

なりきぜめ
新年
木責/木呪/果樹責/成祝/なるかならぬか/木を囃す

小正月の行事で、果樹とくに柿に、その年の豊穣を約束させる木占いである。鉈、鎌などを持った男が「なるかならぬか、ならぬは切る」と果樹をせめる。果樹に代わって木の上の男が「なります」と約束する。                           

コメントは受け付けていません。