追羽子

おいばね/おひばね
新年
遣羽子

お正月の女の子の遊びのひとつ。ふたり以上でひとつの羽子をそれぞれの羽子板でつき合い、落とした方が負けとなる。昔は負けると墨や白粉をつけたりした。羽子をつく音やテンポがいかにものどかで新春によくにあう。

やり羽子は風やはらかに下りけり
支考 「大註解」

やり羽子や世心しらぬ大またげ
太祇 「新五子稿」

やり羽子や妹背の板の中に落つる
言水 「江戸広小路」

遣り羽子の中を大八車かな
白麻 「発句類聚」

遣羽子や下宿の窓の品定め
正岡子規 「子規全集」

杯をふせて追羽子見るとなく
石橋秀野 「桜濃く」                           

コメントは受け付けていません。